読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog side.O

40代おっさんによるオタクっぽい脳内井戸端会議

TRPGメタルヘッド MADメカニックの装甲厚を考える③

METAL HEAD TRPG

今から20年近く前のTRPGメタルヘッド”のプレイ当時、僕はゲームマスターでしたし、NPCにもPCにも戦車を所有しているキャラクターがいなかったので全くノーマークだったのですが…

メタルヘッド・モジュール”クロムビート”31頁に恐ろしい事が書いてあるのに気づきました(/・ω・)/ 

 

31頁[4.12]戦車

『* 戦車にだけ装甲効果率が100%のものがあります。

* 装甲厚の上限値はありません。望むだけの装甲厚にできます

* …』

何・・・だと・・・(゚A゚;)マジか?

 

戦車に関しては限界厚A100の”ハイ=チョバム””ファイバニウム”もA400(”アストロナイト”限界厚)どころか、兵装TPの限界まで積めるってか?

因みにこのルールなら、中戦車”スパルタン”の正面装甲厚を仮定値で求めたら”ファイバニウム”採用でA350 ですよ。重戦車”KKKロワイヤル”でファイバニウムA1750(笑)←何ぞコレ(笑)

限界厚が撤廃されるなら激重(A10当たりファイバニウムの5倍)の”アストロナイト”を採用するメリットは限りなくゼロ。装甲効果チェックに成功すれば火力50までの火器をクリティカル以外完全無効化できるという”アストロナイト”の特性も、元々戦車の正面装甲効果率が100%であることからほぼウマ味無し。誰だって対レーザー能力を持つ”ファイバニウム”を採用するでしょうに…。

 

誰だよこんなルール採用したヤツ(#^ω^)