読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog side.O

40代おっさんによるオタクっぽい脳内井戸端会議

TRPGメタルヘッド ハウスルール 『ミュータント』のダメージ処理は"HP制”か”SUV制”か?

METAL HEAD TRPG 昔書いた記事 ハウスルール

『ミュータント』のダメージ処理は"HP制かなぁ…という考えですが…今日半日ほど読書しながら頭の中で色々とシミュレートした結果 やっぱりSUV制でいこう!とあっさり趣旨替えしました(-人-;)(;-人-)

 

SUV制に伴い、初代メタルヘッドに以下の改良を加えようと思います。

SUVを8段階(S,A~G)から12段階に引き上げ(メタルヘッドマキシマムのような26段階SUVはやり過ぎに思えますので…3m級ミュータントのSUVをAとして、5m級ミュータント用にA+、10m級ミュータントにA++、20m級ミュータント用にA+++を新設。キュクロプスなどの装甲化された軍用フルボーグ用としてS+を新設。従来の8段階に3+1=4段階を加えたSUV 12段階制を考えています)。

②同じSUV内で差別化を図るため メカニックのように"DC値"を導入します(これによりホッキョクグマの様な 装甲の代わりに分厚い脂肪をもつタフネスなミュータントを演出可能です)。

 ③SUV:Gのミュータントに通常SUV:C~Eのキャラクターに適用する損傷効果表の"ダメージ修正"を適用しちゃマズいんじゃないか?ミュータントのSUVに応じた損傷効果表を作るべきじゃないか?と思い一旦試作はしたんですが…よくよく調べたら 初代メタルヘッドには ミュータントへのダメージ判定で損傷効果表を使用するのかどうかや命中部位(人型以外のミュータントの命中部位決定は??)に関しての記載がありませんでした…。

そこで、ミュータントと戦闘では命中部位決定も、ダメージ修正も導入しない』ことにして、戦闘処理高速化を狙います。f:id:kappa_take:20130721212709j:plain

④またダメージ判定の最後に”士気チェック”を行うことにします。

士気チェックある程度の知性をもつミュータント(人型タイプ 哺乳類タイプ 爬虫・両性類タイプ)がHW以上の損傷を受けた場合、次ターンのミュータントの行動は ミュータント士気チャート(戦闘継続or逃亡or暴走など)に従い制限されます。

ミュータント士気チャート

1d10:効果

1~5:逃走。移動可能なら戦闘領域からの逃亡を図る。移動不可能であれば"混乱"状態に。

6:混乱。1d5ターン間(このターンを含む)ミュータントは攻撃を行えない。

7:暴走。1d10ターン間(このターンを含む)ミュータントは格闘回避・機動回避を行わず、ミュータントの攻撃判定にSR2のボーナス。

8~10:戦闘継続。以後 死ぬまで ミュータントは戦闘を継続する。

 

☆再度HW以上の損傷を受けても 士気チェックは行わない

☆ミュータントが群体で統率個体(リーダー)がいる場合、士気チャートのダイス目に+3の修正(ただし最大は10とする)。

☆ミュータントが群体で統率個体(リーダー)がいない(既に死亡している)場合、士気チャートのダイス目に-3の修正(ただし最小は0とする)。

 

 

学生時代に散々遊びたおしたメタルヘッド(略称MH)について以前に別のサイトで書いた記事を加筆掲載