読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog side.O

40代おっさんによるオタクっぽい脳内井戸端会議

旧版ワースブレイドの知識ロールについて考察する

f:id:kappa_take:20170224233654p:plain

旧版ワースブレイドにおけるキャラクターの能力値である 

LUC(幸運力)ロールについての考察です。

他の能力値と違いLUCだけは基本値 *1 を持たず、『プレイヤーが消費するLUC値を決定し、その数だけ10面ダイスを振る』という運用を行い、『既にLUC値残量が0の場合、難易度にかかわらずLUCロールは自動的に失敗』となります。

LUCロールはキャラクターの『運』だけが必要とされるような状況…例えば、持続時間が瞬間の範囲型術法 *2 を回避できたかどうか? 庭に猛犬が放たれている屋敷に知らずに潜入し、犬が気づくかどうか? *3  訪ね人についての情報を交渉相手がより鮮明に思い出すかどうか? *4 地下牢に囚われた盗賊がボディチェックをすり抜け「七つ道具」を隠しもったままか? *5 …等の判定と、特殊な使用法『知識ロール』で用いられます。

知識ロール

知識ロールは『キャラクターが未知の情報に出会った時に、ある特定の事柄(特に技能では分からない知識)について「知っているかどうか」を判断するのに用いられる。』『知識ロールの難易度はWMが決定する。ただし、毒や薬の原料となる植物については難易度が設定されている。』 *6 と規定されていますが、ルールブックに『知識ロール』の運用解釈を難しくしている記述があります。

 ◎箱版ルールブック10~11頁 C.植物学(SEN)より

〈植物学〉技能をもったアゾームの知識ロールの結果、その花は特殊な地域にしか咲いていないことがわかったからだ(…略…。この場合、〈植物学〉技能のレベルをロールに加えることができる)。

 ◎箱版ルールブック11頁 G.動物学(SEN)より

また、その動物(怪物)の弱点を探ろうとする場合は、知識ロールに技能レベルを加えることができる

あれ?知識ロールは特に技能では分からない知識に関する判定でなかったの??

技能に関する知識を知っているか?否か?の判定ならば、SEN基本値 *7 +知識系技能Lvを基本値とした+1D10ロールを行えばいいんじゃないの?何故わざわざLUCロールになるの??

これだけの情報では埒が明かないと考え、ルールブック及び公式シナリオ&シナリオソースブックから知識ロールに関する該当箇所を抜粋してみた  *8

以下抜粋

 ①スターティグブック54頁 1-5-1 SENロール

SENロールは、次の場合に行う。

・五感…(中略)…を使う試み

頭を使う試み(暗号解読、読みにくい文字の判読、計算ができたかどうか、など)

 なお、「あることを知っているかどうか」を判定するのにはSENロールは用いず、LUCロールを用いる。これは、「その知識を得る機会が過去にあったかどうか」という考え方になるからである。

②箱版ルールブック6頁 2-1 SENロール より

SENロールはまた、知力を行使するような行動に用いることもある。

なお、「あることを知っているかどうか」を判定するには、SENロールを用いず、LUCロールを用いる。

③箱版ルールブック6頁 2-6 LUCロール より

キャラクターが未知の情報に出会った時に、ある特定の事柄(特に技能では分からない知識)について「知っているかどうか」を判断するのに用いられる。知識ロールの難易度はWMが決定する。ただし、毒や薬の原料となる植物については難易度が設定されている。知識ロールに成功した冒険者は、…(中略)…、というようなことを”偶然に知っていた”ことになる。

④箱版プレイヤーガイド24頁 4.ゲームの展開より

ディルは正体を知ろうと知識ロールを要求したが、WMは「君はその石について全く知識がないのでできない」と告げた。

⑤箱版シナリオブック31頁 資料1 毒より

特殊な蛾(知名度10)、1種の魚類(知名度7)。 *9

⑥箱版シナリオブック32頁 毒の製造に関するルールより

 たとえば、服用毒のアプドムを作る場合、材料となる植物は2種類ある(ともに知名度は12)。したがって難易度12の知識ロール(2回と)…捜索ロール(やはり2回)にすべて成功しなければ、材料を入手することはできない。

⑦箱版シナリオブック32頁 資料5 怪物一覧表より

出現率[出現数]:この怪物が…(中略)…。数値が小さいほど出現率が低い。また、この値から20を引いた数値がこの怪物の「知名度」(知識ロールをするときの難易度)となる。

⑧シナリオ「レスカードの略奪者」より

《聖刻語》技能を持つキャラクターが難易度7の知識ロールに成功すると、書かれている古代聖刻語の判読できる。

⑨シナリオ「ヴォーダ・バシーグの右腕」より

〈練法〉技能を修得していない者が難易度15の知識ロールに成功すると、発見した石が聖刻石だとわかる。〈練法〉技能保有者は無条件でわかる。

⑩シナリオ「ヴォーダ・バシーグの右腕」より

信徒(僧侶)は難易度5の知識ロールに成功することで、その宗派の常識的な宗教知識を知っていることになる。

⑪シナリオ「街が消える…」

ペガーナの僧侶は難易度3、他宗教の僧侶は難易度8の知識ロールに成功することで、ペガーナ教の大規模な宗教行事について知っていることになる。

⑫シナリオ「街が…生まれる!」

 《操手》技能を修得している者が難易度7の知識ロールに成功することで、尾行していた狩猟機の機体名を知ることができる。

⑬シナリオ「街が…生まれる!」

 難易度4の知識ロールに成功することで、近隣国の王の名前を思い出す。

⑭シナリオソースブック「聖者の仮面」より

難易度11の知識ロールに成功することで、出身国の騎士団軍団長の名前を思い出す。

⑮シナリオソースブック「聖者の仮面」より

フーボック(幼人族)の存在を知っているかどうか?は難易度5の知識ロール。

⑯シナリオソースブック「遙かなるカイ・ダイン」より

難易度12の知識ロールに成功することで、正体不明の狩猟機(カルカラ・ノート改)の機体名に気づく。

⑰シナリオソースブック「遙かなるカイ・ダイン」より

地下水路で遭遇した「金属合成獣(四足歩行型)」の正体を難易度18の知識ロールで見抜く。

ワースブレイドがよくわかる本とシナリオ「四操兵キャンペーン」に知識ロールの記述無し。

考察

④と⑨は同状況における裁定振れ。

③については、知識系技能Lvをボーナスにして「知識ロール」を行っているケースが大多数なので間違い。

⑬と⑭と⑮はゴシップ情報であり該当技能はなく、③で規定された「知識ロール」例と言える。

⑧に関しては”古代聖刻語の文章を過去に目にした経験から偶然知っていた”というよりは”聖刻語知識より類推して古代聖刻語を解読した”と解釈する方が自然な気がする (この場合SEN基本値+《聖刻語》Lvで1D10ロールで判定を行うべきでは?…)

 知識ロールまとめ

旧版ワースブレイドにおける公式の「知識ロール」とは…

WMからの提示またはPCの要求により発生する「あることを知っているかどうか」「その知識を得る機会が過去にあったかどうか」を判定するためのLUCロール。

「知識ロール」の際には、WMは難易度の告知を行う。

ロールに成功した場合、「未知の情報」を”偶然に知っていた”ことになる。 

「未知の情報」に対して関連する技能をPCが未修得の場合、WMはPCからの「知識ロール」要求を却下することができる(または技能修得時よりも難易度を上げた「知識ロール」を行う)。

 

 

Twitterでこんなツイートをしたところ…

 WB界での著名人である”ドワーフP”さんから以下の回答をいただけました!(転載許可済みです)

 

流石に運用がスマート!

そのまま当ハウスルールにパクリ採用させていただきたいぐらい…  |・ω・`)

*1:能力値÷3(切り捨て)

*2:半径2mの超高熱空間を生み出す金門練法《白熱殻》の回避はLUC8

*3:箱版ルールブック7頁

*4:シナリオ「ヴォーダ・バシーグの右腕」より難易度6のLUCロール

*5:シナリオ「街の灯り」より難易度5のLUCロール

*6:箱版ルールブック7頁

*7:INTという能力値がないワースブレイドではキャラクターの知力の指標にもなる

*8:おおう(泣)シナリオ「お姫様はフーボック」が紛失…

*9:これらの知識ロールでの該当ボーナス技能はなんだろう?動物学?それともボーナス無し?

旧版WBのハウスルール・俗業【狩人】解説

【狩人】

猟師の中でも、主に弓矢で山野の動物を狩り、生計を立てている者たちを指す。

f:id:kappa_take:20170504013943j:plain

クラス:俗業(CP 650ポイント)

名称:狩人

基本技能:《捜索》Lv3 《動物学》Lv1 《植物学》Lv1

必修技能:《弓》または《弩》Lv1 《医術》Lv1

選択技能:《逃走》Lv1

クラス特典:《矢の修繕》

破損した矢を修理することができる(《加工術/木工》1Lv《材料知識/木》1Lv相当)。修理には難易度7の『加工術/木工』ロールを行う。

(攻撃が絶対失敗だった矢は修理不可能。それ以外の場合、攻撃に使用した矢の3割に何らかの破損があり再利用はできないものとする *1 。)

特徴:罠も猟犬も用いず、獣の通り道や住処を待ち伏せし、己の弓の腕で狩りを行うタイプの猟師。一般的な猟師ほど迷信深くも無く、街中に住居を構える者も多い。

初期装備品:弓もしくは弩 を1つ、矢(10本)、背負い袋(水袋、干し肉(1食分)、毛布、火打ち石セット)、ランタン、ランタン用油(4刻分)、麻縄(4リート)

備考: 戦争では真っ先に《弓兵》として徴兵されたり、領主”お抱え”として年数回の領内の《狩猟》に駆り出されたりと、権力者との縁が切れない職種でもある。  

 

当セッションにおけるオリジナル俗業です。《猟師》よりも現代の『猟銃を用いて害獣駆除するハンター』に近い職業として設定しています。 

*1:TRPG指輪物語より矢の破損率40%を採用

旧版WBのハウスルール・クラス特典と初期所持品

旧版ワースブレイドを久しぶりにプレイしてみて、作成したてのPC *1『手ぶら&金欠』状態 と、他職種と違う見せ場を約束するはずの『クラス特典』が微妙 過ぎるのを是正したいと思ったの(・ω・)

今回はその辺をハウスルールとして改変します。

方針としては…キャラメイク時の残CP *2 が所持金になるシステムはそのままに、そのまま初心者向けシナリオを1回程度こなせる程度の持ち物をクラス毎に付与しようと思う *3 。『クラス特典』はシステムバランスが崩れるのを承知で、”ダイナミックなもの” *4 を導入したいと思う。

戦士クラス 

『クラス特典』

ダメージ ±1 *5

防具の習熟

防具修正ペナルティを半分に出来る *6

『初期装備品』

《武器》技能を修得している武器1つ、鋲つき革鎧、背負い袋(水袋、干し肉(1食分)、毛布、火打ち石セット)

聖職者クラス

『クラス特典』

神の威光

同宗派の聖職者(相手の《気功/招霊》Lv が自分よりも高い場合を除く)及び信徒に対する第一印象ロールの難易度が常に1。異教徒に対する第一印象ロールは1D5で行う。

寺院/教会の庇護

聖職者キャラクターが乞えば、同宗派の寺院/教会内の宿泊場所と可能であれば食事が提供される *7。この恩恵に預かれるのはパーティ全員ではなく、聖職者キャラクターのみである。

辻説法 *8

『初期装備品』

聖職者衣装 *9 または 聖印、《武器》技能を修得している武器1つ、背負い袋(水袋、干し肉(1食分)、毛布、火打ち石セット)、松明3本

練法師クラス

『クラス特典』

聖刻語の読み書き *10

博識

知識ロール時に消費するLUC値を-1できる *11

『初期装備品』

練法用聖刻石 *12《武器》技能を修得している武器1つ、背負い袋(水袋、干し肉(1食分)、毛布、火打ち石セット)、ランタン、ランタン用油(4刻分)

俗業

『クラス特典』

職種により多岐にわたる

『初期装備品』

商売道具、背負い袋(水袋、干し肉(1食分)、毛布、火打ち石セット)、ランタン、ランタン用油(4刻分)、麻縄(4リート)

*1:Player Characterの略

*2:Character Point ≒経験値

*3:参考にするのはD20版ワースブレイド

*4:ヒロイックなシナリオ展開に繋がるような

*5:攻撃のダメージ+1・防御のダメージ-1

*6:x1/2(切り捨て)

*7:最も第一印象ロールの結果が絶対失敗だった等、門前払いされる可能性も…

*8:悩み抜いた上で廃止…

*9:冒険者向け野外服扱い

*10:《聖刻語》1Lv相当

*11:LUC値を消費しなくともダイス1コを振ることが可能

*12:1cm四方以下の大きさ、選択した門派専用

旧版WBのハウスルール・術法関連

 三術法の最低発動条件

《練法》

必要アイテム 聖刻石または仮面

発動させるための行為 結印(大きな身振り、手振り、呪文の詠唱  )

なので、声が出せない or 身体・特に両手が自由でない 状況での発動はできない。

《気功法》

必要アイテム なし

発動させるための行為 練気(正しい呼吸法 )

なので、自由に呼吸ができない 状況 *1 での発動はできない。

《招霊衡法》

必要アイテム なし

発動させるための行為 祈念(発声を伴う? 神への深い祈り)

 《招霊衡法》は後発ルールブックに則り「神への祈りは声に出さずとも心の中だけでも良い」と判断しました。

練法記憶ポイント

[(AGI基本値+WIL基本値)+《聖刻語》Lv]÷2 (切り捨て) x《練法》Lv 

前回、[(AGI基本値+WIL基本値)÷2 +《手練》Lv +《聖刻語》Lv]x《練法》Lv を練法記憶ポイントとして提案してみたが、技能Lvx《練法》Lv ではアッという間に洒落にならない数値に化けないか?という懸念から下方修正。あと練法の記憶と手先の後天的な器用さ《手練》は関係ないんじゃないとの判断からオミット。

術法ロール難易度

f:id:kappa_take:20170429185344p:plain

術法ロール基本値

『結印ロール基本値』=AGI基本値+《練法》Lv+《手練》Lv + 防具修正値

『練気ロール基本値』=CON基本値+《気功》Lv

『祈念ロール基本値』=WIL基本値+《招霊》Lv

  

~上記決定に至るまでの思考推移~

まず、こちらのEX1掲載《難易度イメージ表》を確認。

f:id:kappa_take:20170429172744j:plain

どう考えても、術法ロールの難易度設定『Lv1術法の難易度は1』が他の行為ロールに比較し異質なのである(´・ω・`)

術法技能を持っている術者にとって1Lv術法の行使は”技能があれば楽勝=難易度6~7”と考えられるので、一旦 下記の様な難易度設定にしてみた。

術法ロール基本値+1D10 ≧ 使う練法の術レベル+5

標準術者(能力基本値3、術法アシスト技能 *2 Lv1→ロール基本値4)にとって1Lv呪文は  4+1D10 ≧ 6(1+5)…1D10で2以上を出す必要がある。

標準術者(ロール基本値4)にとって2Lv呪文は 4+1D10 ≧ 7(2+5)…1D10で3以上を出す必要がある。

以後、術法アシスト技能を成長させないかぎり10Lv以上の呪文はLUCを使用しない限り絶対に成功しない 4+1D10 ≧ 15(10+5)…

…そう。公式ルールでは、どんな伝説的な練法師(《練法》25Lv)であろうが、アシスト技能である《手練》が無ければ術法成功率は上昇しないのである!!

やはり術法ロール基本値にその術法自体の技能Lvが絡んでないのはオカシクね?という結論に辿り着く。なのでロール基本値にも手を加える。

 『結印』という行為を1092ムックや小説やEXコラム等を参考に細かい話をするなら、聖刻語詠唱のための知力(SEN)と結印のための手先の制御(AGI)と効果を具現化させるため精神力(WIL)が必要になるので…

結印ロール基本値=(SEN基本値+AGI基本値+WIL基本値)÷3+《練法》Lv+《手練》Lv +《聖刻語》+《特殊精神力》+ 防具修正値…となるのかな?

こんなのゲームシステムとして煩雑過ぎるので却下!!

結印という行為の真の要は、一定の儀式(AGI)により聖刻石から魔力を引き出した後に行われる『術者の精神力(WIL)を用いた”効果の具象・固着化”』ではないか?と考えましたが、従来の公式ルール通りAGIベースの判定にしました。また、練法技能自体が手先の細やかな制御や詠唱の巧みさを含んでいるのではないのか?とも考え《手練》ボーナスを削除する事も考えましたが、AGIベースロールであること&防具修正値ペナルティを相殺させる意味を持たせてボーナスのままとしてます  *3

術法ロール基本値

『結印ロール基本値』=AGI基本値+《練法》Lv+《手練》Lv + 防具修正値

 検証)標準術者(AGI基本値3)の場合、 

1Lv練法の場合、最低《練法》1Lv必要なので、4(3+1)+1D10 ≧ 6(1+5)

2Lv練法の場合、最低《練法》2Lv必要なので、5(3+2)+1D10 ≧ 7(2+5)

3Lv練法の場合、最低《練法》3Lv必要なので、6(3+3)+1D10 ≧ 8(3+5)

4Lv練法の場合、最低《練法》5Lv必要なので、8(3+5)+1D10 ≧ 9(4+5)

5Lv練法の場合、最低《練法》7Lv必要なので、10(3+7)+1D10 ≧ 10(5+5)

6Lv練法の場合、最低《練法》9Lv必要なので、12(3+9)+1D10 ≧ 11(6+5)

7Lv練法の場合、最低《練法》11Lv必要なので、14(3+11)+1D10 ≧ 12(7+5)

8Lv練法の場合、最低《練法》13Lv必要なので、16(3+13)+1D10 ≧ 13(8+5)

9Lv練法の場合、最低《練法》15Lv必要なので、18(3+15)+1D10 ≧ 14(9+5)

10Lv練法の場合、最低《練法》17Lv必要なので、20(3+17)+1D10 ≧ 15(10+5)

11Lv練法の場合、最低《練法》19Lv必要なので、22(3+19)+1D10 ≧ 16(11+5)

12Lv練法の場合、最低《練法》21Lv必要なので、24(3+21)+1D10 ≧ 17(12+5)

残念ながら4Lv練法以上で絶対失敗(出目1)が出るか出ないかという消化ゲームですな(^q^) 公式ルールとどっこいどっこい *4 だわ…何とかならんかな?

使用する術法4Lv以上で 術者Lv ≠ 実際に使用できる呪文Lv上限 になるのでややこしい!!*5

仕方がないので、術法ロールの難易度を”使う術法レベル+5”ではなく…以下のチャートを参照することで決定される事とする *6

f:id:kappa_take:20170429185344p:plain

『祈念』はアシスト技能《特殊抵抗力/精神》を《招霊》技能に置換しただけです。*7

『祈念ロール基本値』=WIL基本値+《招霊》Lv

 『練気』は『祈念』と同じ様にアシスト技能《特殊抵抗力/精神》を《気功》技能に置換しただけOKじゃね?と考えていましたが、『特殊な呼吸法で《精霊界》のエネルギーを体内に導く』という行為自体が精神(WIL)行為ではなく、肉体的な(CON)行為ではないか?という考えからCONベース判定に変更です。更に一歩踏み込んで、《気功術》《気闘法》の行使で消費されるのはMPでなくHPという案もありましたが、余りにも公式ルールから逸脱するので導入は諦めました。

『練気ロール基本値』=CON基本値+《気功》Lv

 

発動タイミング

術法は IN値の大小に関係なく、そのセグメントの自分の番に発動する。 

*1: 毒ガスの中とか…水中ですかね?

*2:《手練》や《特殊抵抗力/精神》

*3:《聖刻語》Lvは記憶ポイントのボーナスとしてます

*4:6Lv以下の術法において絶対失敗が出ない限り判定成功

*5: 術法ロールに《術法》Lvが反映されず《手練》みたいなアシスト技能Lvで判定させているのはこのせいかな??

*6:数値が恣意的なものとなるが…

*7:祈念ロール成功率上昇のため《特殊抵抗力/精神》をわざわざ成長させる事に意味がある公式ルールでもなかったし、もし既に成長させていても《特殊抵抗力/精神》自体がMPボーナスとなるので問題ないでしょう。