blog side.O

40代おっさんによるオタクっぽい脳内井戸端会議

旧版WBのハウスルール・術法関連

 三術法の最低発動条件

《練法》

必要アイテム 聖刻石または仮面

発動させるための行為 結印(大きな身振り、手振り、呪文の詠唱  )

なので、声が出せない or 身体・特に両手が自由でない 状況での発動はできない。

《気功法》

必要アイテム なし

発動させるための行為 練気(正しい呼吸法 )

なので、自由に呼吸ができない 状況 *1 での発動はできない。

《招霊衡法》

必要アイテム なし

発動させるための行為 祈念(発声を伴う? 神への深い祈り)

 《招霊衡法》は後発ルールブックに則り「神への祈りは声に出さずとも心の中だけでも良い」と判断しました。

練法記憶ポイント

[(AGI基本値+WIL基本値)+《聖刻語》Lv]÷2 (切り捨て) x《練法》Lv 

前回、[(AGI基本値+WIL基本値)÷2 +《手練》Lv +《聖刻語》Lv]x《練法》Lv を練法記憶ポイントとして提案してみたが、技能Lvx《練法》Lv ではアッという間に洒落にならない数値に化けないか?という懸念から下方修正。あと練法の記憶と手先の後天的な器用さ《手練》は関係ないんじゃないとの判断からオミット。

術法ロール難易度

f:id:kappa_take:20170429185344p:plain

術法ロール基本値

『結印ロール基本値』=AGI基本値+《練法》Lv+《手練》Lv + 防具修正値

『練気ロール基本値』=CON基本値+《気功》Lv

『祈念ロール基本値』=WIL基本値+《招霊》Lv

  

~上記決定に至るまでの思考推移~

まず、こちらのEX1掲載《難易度イメージ表》を確認。

f:id:kappa_take:20170429172744j:plain

どう考えても、術法ロールの難易度設定『Lv1術法の難易度は1』が他の行為ロールに比較し異質なのである(´・ω・`)

術法技能を持っている術者にとって1Lv術法の行使は”技能があれば楽勝=難易度6~7”と考えられるので、一旦 下記の様な難易度設定にしてみた。

術法ロール基本値+1D10 ≧ 使う練法の術レベル+5

標準術者(能力基本値3、術法アシスト技能 *2 Lv1→ロール基本値4)にとって1Lv呪文は  4+1D10 ≧ 6(1+5)…1D10で2以上を出す必要がある。

標準術者(ロール基本値4)にとって2Lv呪文は 4+1D10 ≧ 7(2+5)…1D10で3以上を出す必要がある。

以後、術法アシスト技能を成長させないかぎり10Lv以上の呪文はLUCを使用しない限り絶対に成功しない 4+1D10 ≧ 15(10+5)…

…そう。公式ルールでは、どんな伝説的な練法師(《練法》25Lv)であろうが、アシスト技能である《手練》が無ければ術法成功率は上昇しないのである!!

やはり術法ロール基本値にその術法自体の技能Lvが絡んでないのはオカシクね?という結論に辿り着く。なのでロール基本値にも手を加える。

 『結印』という行為を1092ムックや小説やEXコラム等を参考に細かい話をするなら、聖刻語詠唱のための知力(SEN)と結印のための手先の制御(AGI)と効果を具現化させるため精神力(WIL)が必要になるので…

結印ロール基本値=(SEN基本値+AGI基本値+WIL基本値)÷3+《練法》Lv+《手練》Lv +《聖刻語》+《特殊精神力》+ 防具修正値…となるのかな?

こんなのゲームシステムとして煩雑過ぎるので却下!!

結印という行為の真の要は、一定の儀式(AGI)により聖刻石から魔力を引き出した後に行われる『術者の精神力(WIL)を用いた”効果の具象・固着化”』ではないか?と考えましたが、従来の公式ルール通りAGIベースの判定にしました。また、練法技能自体が手先の細やかな制御や詠唱の巧みさを含んでいるのではないのか?とも考え《手練》ボーナスを削除する事も考えましたが、AGIベースロールであること&防具修正値ペナルティを相殺させる意味を持たせてボーナスのままとしてます  *3

術法ロール基本値

『結印ロール基本値』=AGI基本値+《練法》Lv+《手練》Lv + 防具修正値

 検証)標準術者(AGI基本値3)の場合、 

1Lv練法の場合、最低《練法》1Lv必要なので、4(3+1)+1D10 ≧ 6(1+5)

2Lv練法の場合、最低《練法》2Lv必要なので、5(3+2)+1D10 ≧ 7(2+5)

3Lv練法の場合、最低《練法》3Lv必要なので、6(3+3)+1D10 ≧ 8(3+5)

4Lv練法の場合、最低《練法》5Lv必要なので、8(3+5)+1D10 ≧ 9(4+5)

5Lv練法の場合、最低《練法》7Lv必要なので、10(3+7)+1D10 ≧ 10(5+5)

6Lv練法の場合、最低《練法》9Lv必要なので、12(3+9)+1D10 ≧ 11(6+5)

7Lv練法の場合、最低《練法》11Lv必要なので、14(3+11)+1D10 ≧ 12(7+5)

8Lv練法の場合、最低《練法》13Lv必要なので、16(3+13)+1D10 ≧ 13(8+5)

9Lv練法の場合、最低《練法》15Lv必要なので、18(3+15)+1D10 ≧ 14(9+5)

10Lv練法の場合、最低《練法》17Lv必要なので、20(3+17)+1D10 ≧ 15(10+5)

11Lv練法の場合、最低《練法》19Lv必要なので、22(3+19)+1D10 ≧ 16(11+5)

12Lv練法の場合、最低《練法》21Lv必要なので、24(3+21)+1D10 ≧ 17(12+5)

残念ながら4Lv練法以上で絶対失敗(出目1)が出るか出ないかという消化ゲームですな(^q^) 公式ルールとどっこいどっこい *4 だわ…何とかならんかな?

使用する術法4Lv以上で 術者Lv ≠ 実際に使用できる呪文Lv上限 になるのでややこしい!!*5

仕方がないので、術法ロールの難易度を”使う術法レベル+5”ではなく…以下のチャートを参照することで決定される事とする *6

f:id:kappa_take:20170429185344p:plain

『祈念』はアシスト技能《特殊抵抗力/精神》を《招霊》技能に置換しただけです。*7

『祈念ロール基本値』=WIL基本値+《招霊》Lv

 『練気』は『祈念』と同じ様にアシスト技能《特殊抵抗力/精神》を《気功》技能に置換しただけOKじゃね?と考えていましたが、『特殊な呼吸法で《精霊界》のエネルギーを体内に導く』という行為自体が精神(WIL)行為ではなく、肉体的な(CON)行為ではないか?という考えからCONベース判定に変更です。更に一歩踏み込んで、《気功術》《気闘法》の行使で消費されるのはMPでなくHPという案もありましたが、余りにも公式ルールから逸脱するので導入は諦めました。

『練気ロール基本値』=CON基本値+《気功》Lv

 

発動タイミング

術法は IN値の大小に関係なく、そのセグメントの自分の番に発動する。 

*1: 毒ガスの中とか…水中ですかね?

*2:《手練》や《特殊抵抗力/精神》

*3:《聖刻語》Lvは記憶ポイントのボーナスとしてます

*4:6Lv以下の術法において絶対失敗が出ない限り判定成功

*5: 術法ロールに《術法》Lvが反映されず《手練》みたいなアシスト技能Lvで判定させているのはこのせいかな??

*6:数値が恣意的なものとなるが…

*7:祈念ロール成功率上昇のため《特殊抵抗力/精神》をわざわざ成長させる事に意味がある公式ルールでもなかったし、もし既に成長させていても《特殊抵抗力/精神》自体がMPボーナスとなるので問題ないでしょう。