読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog side.O

40代おっさんによるオタクっぽい脳内井戸端会議

旧版WBのハウスルール・技能種類と成長チェック

ハウスルール ワースブレイド TRPG

前回、前々回と旧版ワースブレイドの技能システムについて色々と考えてみました。

これらを踏まえて今回は、煮詰め終わりましたハウスルールの技能部分を公式ルールと比較しながら記していきます。 

とその前に…0レベルという概念について

スターティングブックから

P23「このレベルは、1から始まり上限はない。」

P24「この技能がない(0レベル)場合」

P34「もしキャラクターがその技能を持っていなくても修練度は与えられ、この時、その技能は0レベルであると考える。」

 …ガバガバ過ぎやん! 技能0レベルの定義(;一ω一||)

なので、ハウスルールにおける”技能0レベル”とは『修練度の有無に関係なく、技能が無い(=技能を未修得)状態』と新たに定義します。

また”成長”とは『技能が無い状態からの1レベル修得、及び2レベル以上へのレベルアップ』と定義します。

ハウスルールにおける技能種類と成長チェック

 公式ルールにおける技能種類とロール制限や成長チェックの関係は下表の通り。

f:id:kappa_take:20170320230240p:plain

技能は5種類。シナリオ終了時に得られる”使命達成値” *1 が何万ポイントであっても、シナリオ中に修練度が得られていない場合 *2 は使命達成値が技能成長に消費されることなく、LUC回復値という別種のポイントに強制変換される仕組みになっています。 *3  *4

キャラメイク時に修得しなかった操手・練法・気功・招霊の4技能は行為ロールを行うことが許されないため、”特別成長” *5 以外でのレベル1への成長手段は有り得ない仕組みとなっています。

 

それではハウスルールの場合

f:id:kappa_take:20170320230611p:plain

技能は5種類。《特殊技能》という種類を新設しました *6 。《特殊技能》は公式ルールにおける専門技能の中から”技能未修得の場合に行為ロールを行えそうにない”と私が判断した極めて専門性の高い技能という位置づけです。公式ルールで特別な取扱をされる4種技能(操手・練法・気功・招霊)に、専門技能からピックアップされた技能が+αされます *7 。

成長に関してハウスルールでは緩和方針を取り、

使命達成値を次回シナリオへそのまま持ち越すことが可能、及び シナリオ中に使命達成値をLUC回復値に即時変換することが可能としました。

また、修練度がない技能はレベルアップが一切出来ないという制限を”既に1Lv以上を修得している《特殊技能》以外”において解除しました。

公式ルールと同じくキャラメイク時に修得しなかった《特殊技能》は行為ロールを行えないため、”特別成長”以外でのレベル1への成長手段はありません。

専門技能の1レベル取得CPが200から150に引き下げた理由は、練法師クラスの門派により自動取得される◯◯学技能が冒険技能(CP150)と専門技能(CP200)に分類されるため、門派によりキャラクターポイントの不公平が生じる事を解消するためです *8  *9

*1:所謂TRPGで”シナリオポイント”や”成長点”と呼ばれるもの

*2:シナリオ中の行為ロールのダイス目で 1 or 10 が1度も出なかった場合 

*3:鬼システムだぁ… orz

*4:1ポイント以上の修練度と充分な使命達成値さえあれば、何段階も技能レベルを一気に上昇させる事も可能…

*5:使命達成値を消費せずとも、一定期間、高レベルキャラクターに師事することで技能1レベルが修得できる仕組み

*6:スーパースクリーンの技能リストチャートに掲載されていた謎の技能種類名をそのまま採用しました

*7:聖刻語や帝王学など

*8:土門と水門が損をしている

*9:俗業でも選択技能により同様の不公平が生じています