読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog side.O

40代おっさんによるオタクっぽい脳内井戸端会議

旧版ワースブレイドのハウスルールを考えよう!戦闘時のペナルティを決めました!

ハウスルール ワースブレイド TRPG

前回、公式の術法ルールから抜粋したペナルティについて考察してみましたが、言うほどガチガチの法則性は無く、ペナルティの強度傾向を掴めたので、今回はハウスルール案をそろそろ決めようかと思います。

f:id:kappa_take:20170224233654p:plain

再度ペナルティ強度検証

 少し前にIN/BNロール時のハウスルール案として、突撃・体当たり失敗時のペナルティ *1次のセグメントのINロールを振れない *2 に変更しますよ!という記事を書きました。 

先ずは、この”次のセグメントのINロールを振れない”というペナルティの強度を検証してみます。

例)SEN基本値4の冒険者、防具修正なし、LUC値を使用しない場合のIN値

ロール値-2…期待値7、最大値12

ロール値を1D5で行う…期待値7、最大値9

(ロール値を1D6で行う…期待値7、最大値10)

ロール値-3…期待値6、最大値11

ロール値-5…期待値4、最大値9

ロール値が半分…期待値4、最大値7

次のセグメントのINロールを振れない…期待値4、最大値4

ロール値が1/3…期待値3、最大値4

ロール値-7…期待値2、最大値7

おっと!想像以上のペナルティ強度でした!”ロール値半分”という面倒くさい処理を避けるための導入でしたが…この強度はどうなんだろう??φ( ̄Д ̄ )

f:id:kappa_take:20170302015212p:plain

f:id:kappa_take:20170302015451p:plain

以下、戦闘におけるペナルティ案

ブラインド(暗闇・目が見えない)状態での戦闘

SEN関連ロール、IN/DNロールを振れない *3 。通常の闇は[16-SEN値]セグメントで目が闇に慣れる(ペナルティが無くなる)。完全な闇は目が慣れることがない。

長期間 *4 失明状態にあったキャラクターは、嗅覚・聴覚が発達し視覚を補う為、SEN値を2D5にて再決定します。以後、そのキャラクターはブラインド状態によるペナルティを受けません *5 。  

☆5種類もあったブラインド時ペナルティ内容は①1D5でロール値②ロール値-3③ロール値半分 の3パターンだったんですが③ロール値半分のペナルティ=突撃失敗と同様の形にしました。練法【対光縮】【小陽球】【瞬陽球】【暗粧装】【闇粧装】 【烈風操】【撤滴条】【氷結界】招霊衡法【施盲掌】の効果を書き換え。

 

転倒状態での戦闘

転倒により肉体に [1D5-体術レベル]の ダメージ *6立ち上がるまでAGI関連ロール・IN/BNロールを1D5で行う。立ち上がるためには、1セグメントを利用して難易度9の《体術》ロールに成功する必要があります *7

ルールブックに特に効果が書いていない”転倒”状態ですが、地震系の術法で転倒ダメージが入るの確認できたため鎧で吸収できない衝撃ダメージが加わることにしました。転倒中はペナルティがありますが、防御・攻撃が可能な状態です。練法烈風操激震召流】の転倒ダメージは据え置き。

 

金縛り・麻痺状態での戦闘 *8

自発的な肉体行動の全てが行えない *9 。状態が解消されない限り、IN値はPC・NPC間で最も低くなり、相手のBN値に関わらず絶対失敗以外の攻撃は必ず命中する。CON関連ロール・WIL関連ロール・LUCロールを除くすべての行為ロールが行えない。

縄等での厳重な拘束も同様に扱う *10

練法【練粧】気功術【酔痺功】招霊衡術呪縛掌】に効果を追加。 

 

戦闘中の行動不能 *11

”金縛り・麻痺”の上に意識まで飛んでいる状態 *12 。自発的な肉体行動・精神行動の全てが行えない *13 。状態が解消されない限り、IN値はPC・NPC間で最も低くなり、相手のBN値に関わらず絶対失敗以外の攻撃は必ず命中する。CON関連ロール・LUCロールを除くすべての行為ロールが行えない。

練法【烈吊破閃烈回燐光操捷電光酔霧操砂塵壁】に効果を追加。 

 

戦闘中の気絶・昏睡・熟睡・昏倒 *14

自発的な肉体行動・精神行動の全てが行えない。周囲に支えるモノが無ければ、即座に”転倒”し肉体ダメージ *15 を追加。状態が解消されない限り、行動不能になる。IN値はPC・NPC間で最も低くなり、相手のBN値に関わらず絶対失敗以外の攻撃は必ず命中するCONロール・LUCロールを除くすべての行為ロールが行えない。この状態のキャラクターに対して”急所への局所攻撃”を宣言した場合、WMが認めれば ダメージ量に係らず”一撃で即死させた” *16 ことになります。

練法【誘眠】【⻩黴操】睡了濁】【召雹天壊】 気功術【誘眠功】に効果を追加。

 

その他(まだ検討中…)

公式ルールでロール値が半分もしくはロール値に-5修正のペナルティと書かれている状況 *17  は『関連ロールを振れない *18  』に変更。ロール値に-2~-3修正のペナルティと書かれている状況 *19『関連ロールを1D5で行う』に変更。最後に『すべての行為ロ―ル』または『LUCロールを除くすべてのロール』と書かれている状況は『LUCロールを除くすべての行為ロ―ル』に効果を読み替える事とします。

同程度の強度を持つペナルティを統廃合し、簡略化を図るための処理です。ロール値にプラス修正や-1修正、-7修正といった状況はそのまま放置となりますが…WM的には”誰がどのペナルティやったっけ?”といった状況把握がかなり楽になると考えます。もう少し突っ込んだハウスルールとするなら、1D5を1D6に置き換えて、振るサイコロを変えるまですれば尚、状況把握が楽になると考えていますφ(・ェ・o)

 

*1:公式ルール:つぎのセグメントのIN/DNロールの値が半分になる

*2:IN/DN値=IN/DN基本値、但しLUC値を消費してINロールを行うことは可能

*3:ロール値=基本値、但しLUC値を消費してロールを行うことが可能

*4:WMの裁量

*5:座頭市ですな(ΦωΦ)

*6:衝撃ダメージのため操手用防具以外ではダメージ減少ができない

*7:明らかに攻撃されない戦闘範囲外にいるのであれば不要

*8:意識がある状態での行動不能

*9:発声や特殊な呼吸も出来ないため術法使用は不可。《心象結印》《祈念時間の短縮》等の精神のみで完結する術法のみ発動可能。

*10:但し、猿轡の有無による術法の行使可否等は状況をWMと相談の上決定

*11:術法または重症時のWILロール失敗による”激痛またはショックによる茫然自失”が原因の行動不能

*12:恐らくストリートファイターで言うところのピヨってる状態

*13:《心象結印》等の精神のみで完結する行動も不可

*14:術法や重症時のCONロール失敗や昏睡域までのダメージ蓄積によるもの

*15:衝撃により[1D5]ダメージ

*16:トドメを刺した

*17:思考が鈍る、植物(藻)に体の自由を奪われた、粉塵による悪視界、両足が岩に埋まった状態

*18:ロール値=基本値として扱う。但しLUC値を消費することでロール可能

*19:足元が泥地、皮膚を鋼並に硬化、脱水、負の生命力で生命活動が低下した 等