読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog side.O

40代おっさんによるオタクっぽい脳内井戸端会議

TRPG メタルヘッド(MH)について思う その弐

初代メタルヘッドの嫌なところを挙げていく
その②”特定の能力値のAR(アビリティロール)頻度と成長速度がおかしい”

 ”判定に使用できるスキルがなかったらAR(アビリティロール)判定で代用すること”とルールにあります。ARの頻度は PER(知覚) ≫ DEX(器用さ)≒ REF(運動)>STR(力まかせ)でしょうかね?

 実例を挙げますと

 プレイヤー「依頼者が殺された この部屋で 何か手がかりかないか判定させて 」

   マスター「じゃあ PERのAR15で判定してもらえる」

 

プレイヤー「この情報屋がはったり言ってないか調べたい」

  マスター「じゃあ PERのAR20で判定」

  

プレイヤー「ひょっとして この通路に敵が潜んでないか調べさせて」

  マスター「じゃあ PERのAR20で!」

  

プレイヤー「死んでる敵の武器以外で金目になりそうなもの探させて」

  マスター「じゃあ PER15で…」

 

  それっぽいスキルが存在しないせいで PER(知覚)のARが突出して多杉です。

 おまけに、 ARで6ゾロ(クリティカル)毎に能力値が1上昇する上に、シナリオクリア時のボーナスに能力値ボーナスも存在するから あっというまに人間の限界18まで成長…プレイヤーのキャラクター全員ギネスブック級の目の良さ、耳の良さ というのもどうかと…。

  使用頻度の低いスキル(☓☓学とか…)は沢山あるのに、ゲーム中に多発するであろう状況に対応したスキルがないのが1番の原因ではないかと思う。 

 

学生時代に散々遊びたおしたTRPGメタルヘッド”(略称MH)について以前に別のサイトで書いた記事を加筆掲載。