blog side.O

40代おっさんによるオタクっぽい脳内井戸端会議

旧版ワースブレイドのキャラクター技能をまとめてみた!

旧版ワースブレイドにおける技能をまとめてみた。 *1  *2  *3

スーパースクリーンの技能リストチャートでも完全ではなかった… (-公- ;)

f:id:kappa_take:20170310110124j:plain

 f:id:kappa_take:20170310110119j:plain

以下にまとめた技能一覧を列記する。  *4 

技能リスト

戦闘技能・200CP

武器 *5

防御 *6

盾*

素手 *7 *8

逆手*  

冒険技能/身体系・150CP

特殊抵抗力/肉体

特殊抵抗力/精神

体術 *9

手練 *10 *11

投げ *12

逃走 *13

水泳

馬術 *14

冒険技能/知識系・150CP

交渉

捜索

医術 *15

植物学

動物学

言語学

薬学 *16

専門技能 

操手 *17 *18 *19 

気功(気闘法) *20 *21 

招霊 *22 *23

練法 *24 *25

操兵鍛冶 *26 *27 *28 *29

その他専門技能・200CP

加工術/※ *30 *31 *32

材料知識/※ *33 *34

商品知識/※ *35 *36

盗品知識

宗教知識 *37

話術 *38 *39

操船術

航海術

海洋学

音楽/※ *40 *41 

舞踏 *42

描画

演技 *43

書道 *44 

彫刻*

作詞 

天文学 

気象学

地質学

鉱物学 *45

歴史学 *46

聖刻語

賭博

動物の調教 *47 

調理* *48

特殊技能…??200CP

何の解説も無く、スキルチャートにいきなり出現した技能種類だが、原則NPCが所有することが望ましい技能として分類してみた。

操兵知識 *49 *50 *51 *52

練法知識 *53

占術

変装 *54 *55

弁論術 *56

構文

偽造 *57

偽造知識 *58 

帝王学 *59 *60

社交 *61 *62

建築建設 

乞食 *63

農業知識

農業技術

成分分析 *64

伝承知識

特殊機器操作 *65

聖刻治療 *66

ゲーム(1種)*

育児*

考古学*

戦略戦術*

怪物の調教*

催眠術*  

*1:スターティングブック・拡張ルールブック・西方の書1・西方の書2・西方術法の書・操兵の世界・公式シナリオ『街』シリーズ・箱版シナリオブック・東面の魔道師・魔王の復活・レスカードの略奪者・シナリオソースブック2冊・スーパースクリーンから抜粋

*2:特にNPCデータから掲載技能の取りこぼしが無いように厳重にチェックを行った。

*3:盗賊王子が《変装》を、ガデヴィンが《調理》、マイマイガルが《体術》、コーエグが《加工術》を持っていなかったり…西方の操兵鍛冶師は《操兵知識》で東方の操兵鍛冶師は《操兵鍛冶》とか色々興味深い再発見があった。

*4:*印の技能はNPCデータに掲載が無い技能

*5:ラズマ帝国皇帝Lv17、《剣聖》Lv16、剣のナグンLv12、Lv10前後で西方有数、アーリィLv8

*6:《剣聖》Lv16、Lv10前後で西方有数、アーリィLv7

*7:《素手攻撃》または《格闘術》での表記あり

*8:リッシュ・マナーの守り手Lv12、ガデヴィンLv10

*9:西方のベルリLv12、マーレル・ジーソゥLv9

*10:結印や《偽造》のロールボーナスに用いられる

*11:コーエグLv16、マイマイガルLv12

*12:《投撃》での表記あり

*13:《逃亡》での表記あり

*14:自由自在に乗りこなすには最低2Lvが必要。つまり戦士クラス以外は乗りこなせない事をキャラメイク時に周知徹底すべき。

*15:3レベルで病気の診断が可能

*16:3レベルで薬(毒)の成分分析や調合が可能

*17:400CP

*18:1レベルで簡単な整備が、3レベルから細かい整備が可能

*19:《剣聖》Lv16、黄金の軍団筆頭Lv15、大統領Lv14、デイルLv9

*20:350CP

*21:聖拝ペガーナ法王Lv22、聖拝ペガーナ大僧正Lv16、ガデヴィンLv12

*22:350CP

*23:神聖ペガーナ教皇Lv21、マルガル司教Lv16

*24:550CP

*25:伝説の練法師Lv25、聖刻教会門主・練法師匠合主Lv19、アゾームLv10

*26:450CP

*27:東方の操兵鍛冶師が取得

*28:レベル1/3相当の《操手》技能として代用可能

*29:東方南部の一般的な操兵鍛冶師と聖刻教会所属の徒弟級鍛冶師が9Lv程度、応承師26Lv、ジンロイ18Lv

*30:《材料知識/※》を併せ持つ事でロールが可能

*31:NPCデータから確認できたサブカテゴリーは鉄・特殊金属・食料・布の4種

*32:拡張ルールブックによると木・鉄・貴金属・石・宝石・革・布・蝋・紐・土・食料・etcのサブカテゴリーが存在

*33:NPCデータから確認できたサブカテゴリーは木・鉄・金属の3種

*34:拡張ルールブックによると木・金属(貴金属も含む)・石・宝石・革・布・蝋・土(漆喰)・タール・etcのサブカテゴリーが存在

*35:NPCデータから確認できたサブカテゴリーは雑貨・武具・香料・宝石・雑貨および希少品の5種

*36:拡張ルールブックによると雑貨・武具・宝石・建築資材・食用植物・観賞用植物・美術品・薬・水・操兵用部品・動物・毛皮・衣類・香料・化粧品・人間(奴隷)・etcのサブカテゴリーが存在

*37:似非坊主に扮するNPCが取得

*38:使用能力値がSENなのが本当に解せない (・´ω`・) 

*39:言いくるめ時には《交渉》をロールボーナスにできる

*40:NPCデータから確認できたサブカテゴリーは歌唱・リュート・楽器・ハーブ・鍵盤の5種

*41:《歌》や《歌唱》での表記有り

*42:女性王族・女性貴族にとって、《社交》と共に必須

*43:他人に化けるときは《変装》をロールボーナスにできる

*44:東方キャラクター用技能

*45:《金属学》での表記あり

*46:アハーン大陸西方における歴史。《西方史学》とも表記。

*47:《獣の調教》や《動物調教》での表記有り

*48:《加工術/食料》と同じか?

*49:7レベルで《操手》0レベルを取得可能

*50:4レベルで簡単な整備が、8レベルから細かい整備が可能

*51:操兵鍛冶師は《材料知識/金属》《加工術/鉄》《手練》等を併せ持つ必要がある。

*52:腕の良いと言われる操兵鍛冶師で6Lv程度、コーエグ16Lv、ジィド師15Lv、キデック卿23Lv

*53:東方で一、二を争う操兵鍛冶師が取得

*54:これも使用能力値はSENでなくAGIだと思うんだが… (・´ω`・)

*55:他人に化けるときは《演技》をロールボーナスにできる

*56:《社交》と併せて、政治家に必須。《交渉》や《話術》があれば尚良し

*57:《加工術/※》や《描画》が必須。《手練》をロールボーナスにできる。

*58:偽造品を見抜く技能

*59:《社交》と併せて、継承権を持つ王族に必須

*60:ラズマ帝国皇帝Lv12、ダンバキノ盟主Lv5

*61:王族・貴族・政治家に必須

*62:継承権を持つ王族は《帝王学》も必須

*63:《物乞い》とも表記あり

*64:俗業《錬金術師》の職業特典として成分分析が存在し、この技能が無くてもロール可能なのでNPCデータでの表記間違いの可能性も…

*65:既に失われた技術

*66:既に失われた技術

旧版WBのハウスルール・人間用標準防具性能表

f:id:kappa_take:20170308175545p:plain

ワースブレイド世界における鎧の考察後編 とハウスルールにおける防具データ改変

前回、旧版ワースブレイドにおける鎧に関して考察してみた。

まとめとしては以下の通り

☆スターティングブック掲載の謎鎧レザー・シールドの正体はTRPGで馴染みのスタテッド・レザーであった

☆その改名理由が不明

☆WBにおけるスタテッド・レザーの日本語訳(呼称)がおかしい

☆WBにおけるラメラーの日本語訳(呼称)もおかしい

☆中世欧州がモデルのWB西方にはラメラーが似つかわしくない

☆史実のラメラー・アーマーはスタテッド・レザーよりも防御力が上のため、WBルールのアイテム性能と齟齬が生じる。

☆中世欧州がモデルのWB西方の鎧はチェイン・メイルを中心に展開されているべき。

☆本来のチェイン・メイルの防御力はラメラー・アーマーに劣るモノでしかない。

☆WBでは部分鎧としてのチェイン・メイルはルール化されておらず、全身鎧のチェインメイルもプレート・メイルと性能が並ぶ等の過剰評価がされている。

☆WBにおけるプレート・メイルは騎士の象徴でないため購買層が良く分からない。

 本日は考察後半戦。

プレート・メイルの黄昏

WB西方におけるプレート・メイル(プレートアーマー)の意義について考えていきます。まず前提条件として、操兵が600年程前より工呪会より兵器として供給される世界であり、1000年前までは現在の文明を超える技術を持つ先史文明が存在した世界。

一体いつの時代からプレート・メイルが存在したのでしょうか?

先史文明で既に発明済みであったであろうプレート・メイル作成技術がそのまま現文明へと継承されたのか?それとも、地球と同じく長い年月をかけチェイン・メイル時代を経てプレート・メイルに至ったのか?または、先史文明の遺物が手本となり、速やかにプレート・メイルが再発明された可能性もあります *1

また、史実では敵陣への騎馬突撃の際の身体防護を目的として発明されたプレート・メイルですが、操兵がいる戦場で必要とされたのでしょうか?

つまり敵陣へと真っ先に突撃するのは味方の《操兵》であり、いくらプレート・メイルで防御力を固めようが敵陣で待ち構えているのも敵の《操兵》だと言うことです。

f:id:kappa_take:20170307002326p:plain

究極の重装騎兵と言える《操兵》が存在するなら、操兵に乗らない騎士は軽騎兵の役割を担うしかないんじゃないかと思うんですよね。つまり、WB西方における馬上の騎士はプレート・メイルではなく軽装鎧を装備しているんじゃないか?と推測したりして (´・ω・)

もっとも、西方において全ての軍隊が《操兵》を保有してるとは限らず、《操兵》が無い軍隊がどんな対操兵戦術を取るのかも考えてみます。…真っ先に考えられるのが、対《操兵》兵器として馬上槍の集中投入で《操兵》を倒し、後詰めとしてプレート・メイルを着込んだ重装騎兵を敵陣へと突入させる…こんな感じでしょうか?

f:id:kappa_take:20160719023324j:plain

やっとプレート・メイルが活きてきそうな状況が出現しました。

しかし…《操兵》にランスチャージを行う騎士ですが死亡率半端無さそうですね…貴族である騎士様でなく、専門に訓練を積んだ下級兵士が実際に使い捨てにされる状況しか思い浮かびません (´・ω・) …その場合、わざわざ高価なプレート・メイルを下級兵士に装備させるでしょうか?どうせ《操兵》の一撃がかすりでもすればプレート・メイルだろうが革鎧でも結果は一緒。下級兵士側も防御効果を期待できないなら動きやすい軽装鎧を望むかも知れませんね…。反面、貴族である騎士様は史実における馬上槍試合用のプレート・メイル *2 じみたモノを開発し装備していたんじゃないか?と妄想したりして(´・ω・) *3

う~ん。本当に《操兵》がいる状況ではプレート・メイル不要だな …φ(:3」∠)_

WB西方では既にヘビィクロスボウが普及していますからね…馬の機動力を活かした騎士ですら狙撃貫通されますし…重装騎士の突撃を阻む斧槍(ハルバード)も充分普及済み *4

こんな移動力に乏しい装甲兵士なんかクロスボウのいい的ですよ …φ(:3」∠)_

f:id:kappa_take:20170308110204j:plain

末端の兵士までワンオフで高価なプレート・メイルを装備できる軍とか夢過ぎます。傭兵団の兵士達なら上の写真の様な状況もあり得るかも知れませんが…

大体、プレートメイル黄金時代なんてのは『弓などの射的武器を敬遠する風潮や儀礼化した騎士同士による一騎討ち *5 が戦争の体系となる』という史実のような特殊状況でしか起こり得ないものなんでしょうな (´・ω・)

 WB世界には未だ『火器』が出現していませんが、史実通りプレート・メイルにはクロスボウや斧槍による戦術に駆逐される未来が待っており、《操兵》の存在で既に主流ではないプレート・メイルが消える日が来るんじゃないでしょうか??(´・ω・)

あっ!王侯貴族の儀礼的な用途では残るかも知れませんね  *6。 

f:id:kappa_take:20170308113159j:plain

 

以降はハウスルールのお話… 

鎧の価格&防御力

f:id:kappa_take:20170307003452p:plain

 価格に関して…やはりプレート・メイルが異様に安すぎる。チェイン・メイルの1.5倍価格って…

1ゴルダ=1000円換算で30万円 (・´ω`・)

f:id:kappa_take:20170308114705j:plain

上記表はワースブレイドd20からの防具データとなりますが、革鎧と金属鎧でこれくらいの価格差は欲しいものです。旧版とd20版、両者共にゴルダ表記の筈ですが価格がズレています (-公- ;) *7

ハウスルールに取り入れるならこんな感じでしょうか?

操手用防具     100G *8 

ハード・レザー   50G

スタテッド・レザー 100G

ラメラー      200G

ブレスト・プレート 800G

チェイン・メイル  2500G

プレート・メイル  6000G

オープン・ヘルメット15G

フル・ヘルメット  75G

スモールシールド  15G

ミドルシールド   50G

ラージシールド   100G

 

防御力に関して…本当なら吸収点は以下の序列だと思うんです。

パッド入り皮チョッキ

< ハード・レザー

≦ スタテッド・レザー

< 鎖帷子 *9

< ラメラー

< ブレスト・プレート

< チェイン・メイル *10

≪ プレート・メイル

旧版と違い、最後発のd20版ワースブレイドでは、ラメラー(板金入り革鎧)とスタテッド・レザー(鋲打ち革鎧)の序列がキチンと訂正されていました。やはりハウスルールもコレに習うべきでしょう。

WB西方にそぐわない”ラメラー”の代替品

前回に書きました通り、ラメラー・アーマー自体が中世欧州世界観をもつWB西方に似合いません。つまり防具表の”板金入り革鎧”にふさわしい英語名で代替えしなくてはなりません。

中世欧州におけるスタテッド・レザー以上ブレスト・プレート以下の胴鎧として候補は

ブリガンダイン *11

f:id:kappa_take:20170307004010j:plain

f:id:kappa_take:20170307004037j:plain

ホーバージョン *12

f:id:kappa_take:20170308123434j:plain

 の2種類が浮かびますが…ハウスルールではブリガンダインの名称を採用したいと思っています。呼称(日本語名)板金入り革鎧とも構造が合致しますしね (人・ω・)

布製ではない、革製ブリガンダインは一見スタテッド・レザーにも見えますが、こんな外観です。

f:id:kappa_take:20120721010625j:plain

防具性能表をイジるなら

f:id:kappa_take:20170307003452p:plain

f:id:kappa_take:20170308175545p:plain

こんな感じですかね…プレイヤー達がWMの目が届かない所で参照するアイテム類のデータ改変には手を出したくなかったのですが…仕方ありません。

結局、スターティングブックの謎鎧”レザー・シールド”の件は、箱版で積み重なった鎧知識に関する誤解から生じた矛盾をスターティングブック編集の人達が修正しようと迷走した結果なんだろう…と今なら理解できる気がします …φ(:3」∠)_  *13

今回も画像は無断拝借なんで問題あれば速攻消しますんで、ご連絡の程を… (_;′Д`)_

追記:操兵EXの『操兵の世界』に《操兵》による戦争の詳細記述がありました。

西方における戦争は、両将軍の名乗り→腕利きの人間同士による一騎打ち(前座)→両陣から届かない程度の距離で弓をパラパラ射掛け合い(ほぼ死者0)→歩兵による乱戦(騎兵は歩兵を監督する役目、敵陣突入は無し。ここでもほぼ死者0)→普及型狩猟機同士による一騎打ち(二つ目)→従兵機が参加する乱戦(あくまで操兵のみで戦闘、人間は参加せず)→敵が総崩れにならない場合→旗操兵同士の一騎打ち(真打ち)→決着(旗操兵の破壊・奪取)される前に操手は降伏する。敗軍は旗操兵の機体だけを回収し操手は捕虜となる。

……なんじゃこれ?

人命尊重の戦争だそうですが、ツッコミどころ満載だな_(:3 」∠)_

言えることは西方歴830年台まで、騎兵(操兵)による突進力を活かした突撃戦術が存在しないって事… つまり騎兵 *14 がプレート・メイルを着込む必要は皆無(騎兵は人間同士の乱戦おいても歩兵の監督が主任務とか…)。上でも述べましたが歩兵に一人ひとりの体格に合わせた高価なプレート・メイルを着せるとか有り得ない話だし…戦場においてプレート・メイルが必要とされる局面は人間同士の一騎打ち以外に全く無い様ですね。

言われてみれば…西方を震撼させたダカイトラズマ帝国の革新戦術って、《操兵》によるただの”ファランクス”でしかないわけで、史実の紀元前レベルの戦術ですら革新的なのが830年台の西方なのか?…つまりは《操兵》を《重騎兵》ではなく、未だ《重装歩兵》と見立てるのがやっとというレベルな訳ですな (・´ω`・) 聖刻1092の対ウルオゴナ戦におけるアビ・ルーパ隊の活躍のイメージが強すぎて、まさかこんな”戦争ごっこ”をしているなんて思わなかったよ…

*1:正解はワースプロジェクトの方に公式回答をいただかないと判明しないでしょう

*2:胸・肩・盾部が特に重装甲で、首部と視界が固定された専用鎧。

*3:WB西方で馬上槍試合があったかどうか定かではないし、操兵による模擬戦に取って代わられた可能性が高い。

*4: 冒険者が購入可能なことから軍用兵器で無い事は明らか

*5:相手を殺してしまうと身代金が取れないという理由

*6:その場合、豪奢で華美な装飾が施されたモノが必要とされるため価格がスゴイことになりそう…

*7:パッド入り皮チョッキ=操手用防具 に変更されていたり…

*8:但し全身鎧として

*9:胴鎧として

*10:全身鎧として。ひょっとしたら金属ヘルメット&ガントレット&クリーブを装備していて、この吸収点なのかも?

*11:Brigandine。キャンバス地の布や革などをベスト状に仕立て、その裏地に長方形の金属片をリベットで打ちつけることで強度を高めたもの。

*12:haubergeon。半袖腰丈(シャツ状の)の鎖帷子。

*13:そりゃ1988年の箱版刊行時にはWikipediaも無かったし、中世文化に関する研究や紹介本も無かったでしょうし…仕方無いです。d20版で訂正が入ってる分、メタルヘッド開発よりもワースプロジェクトはよっぽど真摯だと思うの  |・ω・`) 

*14:狩猟機に乗ってなければ騎士と名乗れないそうです

ワースブレイド世界における鎧の考察~レザー・シールドが意味するもの~

先日の旧版WBセッション振り返り2夜A面におけるキャラクターメイキングの際の出来事でした…

 戦士”トトーロ”が購入した胴鎧(部分鎧)の名称が『レザー・シールド 』でして…『鎧なのにシールドとはこれ如何に?そんな鎧の名前聞いた事ないし…』と強烈な違和感を感じたのですが、時間の関係でスルーしました。

、後日この違和感の謎が解けたのですが…そこから??が広がる事広がる事…結局、”ファンタジーTRPGにおいて登場することが適切な鎧とは?”みたいな考察をするハメに_(:3 」∠)_

今日はその事を書いて行きます。 

レザー・シールドの違和感の原因

スバリ原因はコレです!

f:id:kappa_take:20170308175700p:plain

スターティングブックでは『レザー・シールド』だった鎧は…

f:id:kappa_take:20170305234841j:plain

 箱版では『スタテッド・レザー』という英語名だったんですね!! (・´ω`・) 通りで聞き覚えが無く違和感を感じたはずだよ *1。スタテッド・レザーならファンタジーRPGで良く聞く鎧の種類であり、違和感も無し!

?…それでは何故?後発のスターティングブックで『スタテッド・レザー』から良く分からない『レザー・シールド』への名称変更があったのか?という疑問が浮かび上がって来た次第です ( ˘ω˘)ハイ

 

皮入り板金鎧とは??

『レザー=シールド』=『スタテッド・レザー』として、その正体は何でしょう?

ヒントは呼称である『皮入り板金鎧』

 皮入り板金鎧????なんじゃそら??

何処に皮が入っているのだろう?板金鎧の外側に貼ってもなぁ(´・ω・)??

内側に貼ってるのかい?緩衝材代わりに??まぁアリやけど…それって1コ上位の鎧である『ブレスト・プレート』と何が違うの?皮が入ってる分『ブレスト・プレート』の上位互換にすら感じますよね(´・ω・)??

スタテッド・レザーという言葉 *2 自体は鋲付きハード・レザーアーマーというRPG常識でどんなものかは理解できるのですが…

…箱版の時代から『スタテッド・レザー』の呼称が『皮入り板金鎧』であることもおかしいな(´・ω・)??

では1コ下位の鎧は何と呼ばれていますかね?

『ラメラー』=『板金入り革鎧』

板金入り革鎧(´・ω・)??ラメラーが(´・ω・)??

ラメラーという鎧

なんか制作サイドで根本的に勘違いが発生しているみたいなので…Wikipediaの『ラメラーアーマー』の項を再確認してみる。

ラメラーアーマー *3レームと呼ばれる小板を紐などで繋ぎ合わせた鎧という事がわかる。

つまり小札が革製ならレザーラメラー

f:id:kappa_take:20170306165954j:plain*4

Wikipediaの画像のように小札が金属製であるなら…

f:id:kappa_take:20070605184143j:plain*5

数十年前のTRPG間では1次資料から間違っていたみたいで、”革鎧の上に小札を貼り付けたのものがラメラー”と解釈されていたみたい。

つまりWBにおけるラメラーの呼称が”板金入り革鎧”という素材MIX名称なのは明らかな矛盾なんですな…まぁ呼称の矛盾点は置いておき、WBにおけるラメラーが下の写真の様な金属小札ラメラーだったとします。

でもこれ上位鎧の『スタテッド・レザー』よりも完全に防御力上ですよね?? *6

もう一つ、ラメラーが不味い点にも気づきました φ(・x・=;)

”ラメラーは中世欧州をモデルとしたWB西方域に似合わない”

つまりはアハーン大陸を”東方=中華・日本風””中原=中東・中央アジア風””残る西方はヨーロッパ風”とデザインしている以上、史実でバイキング *7イスラム兵、東欧・ロシア・中央アジア→中国→日本 *8 で使われたラメラーアーマーは似合わないという事です。オーソドックスなファンタジーRPGのイラストでチェインメイルやプレートメールに混ざって、このビジュアルの鎧が出ているのって中々見ないでしょ(´・ω・)??

f:id:kappa_take:20170307221800j:plain

よく似た鎧でスケイルメイル *9 もありますが、あれはチェインメイルの上から鱗状の小板に貼り付けた鎧で、これまた中世欧州では殆ど用いられなかったもの。

f:id:kappa_take:20170306173612j:plain

史実はともかく中世欧州風ファンタジーRPGに登場してもおかしくなさそうな雰囲気ですが、WBは胴鎧に鎖帷子のラインナップが何故か存在しない *10 ため参考程度で…

 

色々書いてますが…WB西方の鎧である『レザー・シールド 』=『皮入り板金鎧』の下位モデルである『ラメラー』=『板金入り革鎧』もまた色々オカシイ存在じゃないか?と思ったんです(´・ω・)??

大正義 チェインメイル!

ではWB西方がモデルとする中世欧州における正解の鎧は何だ?という話に行き着く訳ですが…

ここで誤解しやすいのが『中世欧州の技術は当時の”世界一ィ!”でも何でもなく、むしろ文明後退圏であった』ことです。十字軍で攻め込んだイスラム圏の方が文明的にも進んでいたことは、最近アニメ化された『アルスラーン戦記*11 を参考にしていただければ良く分かると思います。

極めて乱暴な論調になりますが欧州の鎧事情は『中世に至るまでチェインメイルしか金属鎧は作らなかった。』

f:id:kappa_take:20170306183224j:plain

つまり『欧州にはラメラーアーマーに至るほどの文明度も熱意も無く、鎖の量産技術が確立した以降は惰性でチェインメイルを生産し続けた。それが変化したのは14~15世紀の十字軍遠征で、イスラム兵との”身代金の絡む茶番ではない”命のかかった戦争を経験することでやっとプレートメイル *12 が必要とされた。』といったところでしょうか??

金属鎧が買えない層は布製の厚手のキルト服だったみたいですね。

f:id:kappa_take:20170306182804j:plain*13

もちろん革鎧は存在し、チェインメイルやブレストプレートの下に革鎧を着込む事もあった様ですので、革鎧のみという下級兵士も当然いたと思われます *14

以上の事から、WB西方の鎧はチェイン・メイルが中心に展開されていると設定した方が違和感無く妥当ではないでしょうか?? (´・ω・)

ところでこのチェイン・メイル、想像以上に防御力は有りません *15 。なのでWBルールにおける吸収点9は過剰評価し過ぎやろと思うわけです *16。更に胴鎧にチェイン・メイル *17 が無いのも残念な点ですね (´・ω・) 正直、訳わからん”ラメラー”とか”レザー・シールド”とかよりも”胴鎧版 鎖帷子”を加えておいてよ!と思わずにいられません(´・ω・)本当に

f:id:kappa_take:20170308175829p:plain

 騎士の象徴≠プレート・メイル

WB西方における板金鎧『プレート・メイル』についても考えてみました。TRPGにおけるプレート・メイルと言えば”騎士の鎧””重戦士の象徴”であり正に花形装備といえます。

WBルールでも鎧中最強の吸収点10を誇り、価格はチェイン・メイルのたった1.5倍 *18 なのですが、まずどのプレイヤーも買おうとしない *19 という誠に不遇な扱いを受けている鎧です。

性能理由によるプレイヤー側からの不人気に加えて、WB西方における”騎士の象徴=操兵・狩猟機”という認識のせいで、WB西方の住人からも需要が相当無いんじゃないか?と思わざる得ません。

一人で着れない、脱げない、着るのに時間がかかる、来たままの日常生活なんかトンデモナイ、行軍中ですら出来たら脱いでいたい、炎天下・極寒では苦痛マシマシ…こりゃあ冒険者(山師)でも相当変わり者でなければ着んわ!というのが正直な所ですね。

見栄と敵陣への馬上突撃のため着る必要があった騎士様が着ないなら本当に誰が着るの(´・ω・)??

WBには関係ない話ですが、プレートメイルのデザインは巷のファンタジーものにあるような各パーツ(特に肩!)がボリューミーなモノでなく、

f:id:kappa_take:20170306195719p:plain*20

短足はより短足に見える”様な本人の体格にピチピチに合わせた *21 頭デッカチの金属鎧がプレート・メイルなのです。

f:id:kappa_take:20170306201453j:plain*22

 

長くなり過ぎましたがマトメです。

まとめ

☆謎鎧レザー・シールドの正体はTRPGで馴染みのスタテッド・レザーであった

☆その改名理由が不明

☆WBにおけるスタテッド・レザーの日本語訳(呼称)がおかしい

☆WBにおけるラメラーの日本語訳(呼称)もおかしい

☆中世欧州がモデルのWB西方にはラメラーが似つかわしくない

☆史実のラメラー・アーマーはスタテッド・レザーよりも防御力が上のため、WBルールのアイテム性能と齟齬が生じる。

☆中世欧州がモデルのWB西方の鎧はチェイン・メイルを中心に展開されているべき。

☆本来のチェイン・メイルの防御力はラメラー・アーマーに劣るモノでしかない。

☆WBでは部分鎧としてのチェイン・メイルはルール化されておらず、全身鎧のチェインメイルもプレート・メイルと性能が並ぶ等の過剰評価がされている。

☆WBにおけるプレート・メイルは騎士の象徴でないため購買層が良く分からない。

☆WBに関係ないが、実物のプレート・メイルはスーパースタイルいい人でないと、もれなくダサい。

 

後編に続きます。 

画像は無断拝借なんで問題あれば速攻消しますんで、ご連絡の程を… (_;′Д`)_

*1:私が散々遊んだのこっちの箱版の方だもん

*2:Studded Leather Armor

*3:Lamellar armour

*4:こんな感じでほぼ革製。

*5:こんな感じで紐以外金属製。

*6:スタテッド・レザー自体も1次資料から間違いがあったみたいでして…”強化版ハードレザーとは言うけど…正体はただの鋲が打ってある革鎧。鋲の部分に刃が当たれば刃が止まるかも?でも鋲に当たる確率微妙…せや!鋲の数増やせば!→アカン!重すぎて革鎧の利点消滅してもた!”という微妙な代物みたいです。

*7:あぁ西方でもフェルム人になら似合いうかも知れませんね

*8:源平合戦で思い浮かべる”大鎧”もラメラーの1種

*9:Scale mail

*10:後述

*11:イアルダボート教のモデルはキリスト教

*12:Plate Mail

*13:この弓兵爺さん、雰囲気有り過ぎで格好良すぎます。

*14:革製のためか中世当時のレザーアーマーは現存していないようですね…当時のイラスト等から想像するしかないです…

*15:特に刺突に弱く、他の文明圏でラメラーアーマーが発達したのも分かる気がします

*16:如何に全身鎧とは言え…

*17:チェイン・シャツと言うべきか ホーバージョン habergeonと言うべき代物

*18:おい!ちょっと安すぎないか  |・ω・`) 

*19:防具修正値-7は伊達じゃない。着る重ペナルティ。

*20:ログ・ホライズンより銀嶺の宣誓の鎧

*21:基本、ハードレザー以上の鎧は完全オーダーメイドでないとオカシイと思われ。

*22:ダセェ (・ω・ノ)ノ でもこれが真実